BALLET プリンシパルLenaの平和な日常と不思議な時間

SunsetOrange's




 


Sunset Orange's

H22.5cm × W33.7cm Oil On Board 2000


発 表 

眼展/青木画廊 2000

 個人所有
SunsetOrange's

子供の時代最後の夕焼け 


ぼくたちは子供時代を生きるために産まれてきたのかもしれない 


リーナガポツリポツリトつぶやいた

毎日レッスンと学校の明け暮れ子供時代
私は考えることも休むこともなかったけれど
 小学五年の夏休み 突然お休みが訪れた
両親と伊豆大島に行った・・でも、なんかさみしかった遊び方が解らない・・肌を焼くわけにも
いかないので日中の外出は無し!

 ぼんやりと民宿の小さな部屋の窓から暮れてゆく海を見ていた  漠然と考えた・・ほんと、
漠然なの笑っちゃうけど、サンタは見たことも無いしとか、ふっ・・夏に思うことかしら?それ
はともかくで、思い出がないことに気がついたの あれ?わたしどうして此処にいるのかしら?
  いつ、この世に産まれたのかしら?   もしかして、今、産まれて此処にただぼんや
り・・

 そんな気がして、落ち着かなくなって  父と母は妹を連れて釣りに出ていってる・・ 
  そう思ってたけれど、ほんとうにそうかしら?    父なんていたのかしら?母も、妹も
いたのかしら?

 宇宙と私  ただそれだけ・・
   ごめん・・今だから話せるのだけれど・・ じつは・・私さえいないのではないか?ホン
トはそれが、その思いが、いちばん怖かったの・・ 

 気が付くと海はどんどんと赤く染まり初めていた「神」は私に子供の時代は終わったとそのと
き告げた 

そう、ダカラ・・これが子供の時代の最後に見た景色、私の赤い風景
 

2000